聞き上手になる簡単な方法。【介護だけでなく日常でも恋愛でも活かせます。】

かいごのしごと

介護の仕事を15年以上している私が、介護について語ります。現場職員で感じたことを綴ります。

今回の話のポイント
  • 傾聴は聞くだけではダメ。相手に安心感を与える聞き方を。
  • 聞き上手になる簡単なテクニックとは。
  • テクニックを使う際の注意するポイントとは。
  • 介護業界目指す場合は、「きらケア」を使ってみるとお得かも。

傾聴は聞くだけではダメ。相手に安心感を持ってもらうような聞き方を。

介護現場ではよく「傾聴」「傾聴」とよく言われます。ゆっくり話を聞いてあげられないという現場が多いと思いますが、それでも大事な行為の1つです。

傾聴と言えど奥が深く、聞くだけなら誰でも出来るかなと思いますが、『相手にこの人は話を聞いてくれる人だ。安心・信用できる人だ。』と思ってもらう、感じてもらわないと傾聴は成り立たないと思います。

傾聴がしっかり出来るということは、相手の安心感や信用に繋がっているので、こちらの話を聞いてくれやすくもなります。

介護職員
介護職員

話を聞いてるけど、相手は納得していない感じで…。相手が納得してくれる話の聞き方ってどうすればいいの?

ケイ
ケイ

聞き方にコツがあります。すぐに実践できる方法ありますよ。うまく使えば納得してくれると思いますよ。

※後悔しない自分らしく働ける転職を。無料相談。0円で資格取得ができます

聞き上手になるための簡単な方法。聞き方のテクニック。

聞き上手になるための簡単な方法・テクニックがあります。既に自然とされている人もいると思います。その人は特に意識せずやっているのかもしれません。私もその一人でした。自分がそのテクニックを使っていると気づいていませんでした。

コミュニケーション技術を学んだ際に、その方法が出てきて、『あれ、私、この方法自然とやっているわ。』と気づきました。

【相手の言葉を返しながら聞く】という方法です。専門用語で【バックトラッキング】と言うそうです。(名前がちゃんとあるんですね…。)

例えば、高齢者(施設利用者)との会話で、

利用者(相手):「家に帰りたい。」

あなた:「家に帰りたいんですね。(少し間を置いて)どうして家に帰りたいんですか?」

利用者(相手):「家に帰ってご飯作らないと…。」

あなた:「ご飯を作りに家に帰りたいんですね。(少し間を置いて)何を作りますか?」

利用者(相手):「お父さんに〇〇を作りたい

あなた:「お父さんに作ってあげたんですね。(間)お父さんは〇〇が好きなんですか?」

青の下線が引いているような感じで相手の言葉を、そのままオウム返しするような形で会話する方法です。この方法を使うことで、相手はあなたを話を聞いてくれる人だ、安心できる・信用できる人だと認識してくれるようになります。

人間は、話したいタイプの人が多いそうなので、話を聞いてくれる人に居心地の良さを感じるそうです。相手に居心地が良いと感じてもらえたら、相手は、もっともっと話をしてくれるようになります。

テクニックを多用しなくても、自然と話をしてくれるようになります。

スポンサーリンク

このテクニックでの注意するポイント

【相手の言葉を返しながら聞く】、相手の言葉をオウム返しするテクニックですが、オウム返しも頻繁にし過ぎたり、ただ相手の言葉をそのまま返すだけだと、相手がその内、本当に話を聞いてくれているんだろうかと不信感を招く場合があるので、注意が必要です。

【相手の言葉を返しながら聞く】というテクニックを使いながら、うなずき相槌わざとちょっと間を空ける(話を聞いて考えている振り)相手の言葉の言い方を少し変えるなど、細かい動作や言い回しをするといった感じです。

これらのテクニックを使うことで、相手の安心感や信用を得られたら、相手のケアをする際に協力を得られやすくなりますし、例えば入浴拒否があったとしても、あなたの言葉だけはすんなりと受け入れてくれて、入浴ができたということになるかもしれません。

使う際の注意ポイントを下にまとめてみました。

使う時の注意ポイント
  1. 相手の言葉をオウム返しし過ぎないように。
  2. 適度にうなずきと相槌、少し間を空ける
  3. 相手の言葉を少し変えてオウム返しする。(言葉を変えすぎてはダメ→相手に「そういうこと言ってるんじゃないんだけど…」と思われてしまいます。)

介護職向けへのテクニックですが、このテクニックは介護業界だけでなく、他業界や日常や恋愛においても使うことができるテクニックです。(恋愛は言い過ぎ⁈)

今回のテクニックは意識せずに使えている人がいると思います。その経験は介護業界でも活かせます!他業種で働いていてコロナ禍で大きく影響を受けた方、介護業界に来てみませんか?

高齢化が今後も益々進んでいく中、事業所の合併や淘汰は進むことはあるだろうけど、介護業界は縮小することはないと思います。事業所によっては、長く続ければ、他業種とは見劣りしない待遇を設定している所もあります。

そんな時は、下記の転職エージェントを使って、自分らしく働ける所を探してみて。

「きらケア」なら介護資格取得0円で、高時給の派遣を探せるかも。

きらケアなら資格取得で掛かる費用が0円で済むかもしれません。安月給と言われる介護業界も高時給の派遣があります。きらケアでも探せます。

無料で登録できて、無料で相談にのってくれる転職エージェント。

相談できるので、困っていることや悩み事などいろいろ担当者に言ってみましょう。特に、履歴書の書き方(就職理由とかって特に困ります。)とか、面接の時の受け答えや対応の仕方等、エージェントはその道の専門家でもあるので、尋ねてみる価値は十分あります。

また、エージェントによっては面接に同行してフォローしてくれる場合もあります。これはかなり心強いです。エージェントに遠慮なく相談してほしいです。

履歴書の書き方等を尋ねるだけでも十分です。まず初めに書類選考の所も多いと思うので、そこで落ちたら、どれだけ自分がそこの職場に働きたいと思っていても、それ以上進めないので。

転職エージェントは無料で相談できるので、いろんなものを活用して自分の納得のいく働き方や職場を見つけて欲しいです。

※派遣で高時給の介護職があるかも。自分らしい働き方で、時間も大切に。

介護業界、こちらの求人サイトも有名です。無料会員登録できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました